EVENT
ART POSHTELS presents HAGEMARU Exhibition

ART POSHTELS presents HAGEMARU Exhibition

HAGEMARU ExhibitionOPENING PARTY !!

□ 期間
パーティー:12/21(土)19時〜22時
展示期間:12/13(金)〜 1/末

□ 場所
CATALYST ART HOTEL
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2丁目6−16


ART POSHTELSとは…
このようなまだ日本には少ないPOSHTELを会場として定期的にアーティストをフィーチャーし、POSHTELのBARで作品を展示し、販売もすることで、「ホテルに飲みに行く」や「ホテルでアートを楽しむ」といった新しいライフスタイルを広めていこうという企画

CONTACT

今までART POSHTELSとして、様々な新進気鋭のアーティストを紹介してきました。
ずっと紹介するべきかどうかを迷いながらあたためてきたアーティストを今回ご紹介します。
正直今でも、この場所で紹介していいものかどうか迷っています。
ですが、彼の才能をこのまま眠らせておくのはもったいので、リスクを承知で展示する事にしました。
12/21の19時からは作家本人を招いてのレセプションパーティーを開催します。
※ 体調の関係上、当日参加が出来なくなる可能性があります。

■作家紹介■
HAGEMARU
https://instagram.com/hagemaru_art?igshid=11e9u7xw9olyy
1962年大阪で生まれ
子供の頃から絵が好きで、周囲の子供と違って 姉が買ってくる月間ロードショーの中の俳優マリリンモンローやジェームスディーン等に惹かれる。当時、そこに載っていた華々しい俳優達ばかり、鉛筆で描いていた。
16歳の頃、母親の薦めで印象派の画家伊瀬谷圭に師事し、デッサン・水彩・油絵を習う。20歳になりデザインの専門学校へ行き成績は優秀だったが、卒業展で周囲を裏切りモーテル街を描いたことで、先生に唾を吐きかけられる。
しかし、その時ポールペンを自由に走らせることで見えてくる景色を描いたことがきっかけで、偶然に得られる線というものに出会う。
そしてそれが、将来に絵を描く上での基盤となる。
25歳で結婚。長女を授かる。
家族を養う為に絵を描くことをやめ、不動産の仕事に専念する。
暫しの幸せが訪れるが、42歳の時に離婚。
さらに、50歳の時に元妻が癌で亡くなり、その悲しみを紛らわすためパソコンでデジタルアートを描き始めるも癒えず、狂い始め自殺未遂を繰り返す。
精神病と診断され入退院を繰り返す。
現在も入退院を繰り返していて、年の半分を病院で過ごす。
56歳の時、抽象絵画の小川貴一郎氏の勧めにより手描きに戻る。そしてまた再び、偶然による線と出会う。
今回展示する全ての作品は、病床で描かれたものである。
※精神的な疾患を持っているため、レセプション当日、急遽参加出来ない可能性があります。

GO TO TOP
 
9HOTEL&SHARE 東京/大阪のホテル・民泊用中古不動産