House renovation 011 大阪市住吉区Y邸

House renovation 011 大阪市住吉区Y邸大阪市住吉区

クライアントはスケルトンで引渡してもらうことを条件に、新築マンションの最上階、メゾネットの一室を購入。 築年数0年のマンションをリノベ―ションすることになる。

「旧い建物と新しい建物ならどちらがいいですか?」と聞くと、旧い建物と答える人は少ない。
「自分らしい家と画一的な家ならどちらがいいですか?」と聞くと、自分らしい家とほぼ全ての人が答えます。 リノベーションのメリットは自分らしい家を作れるということ。

デザインコンセプトは、過剰な装飾や設備機器は避け必要最低限のコストで作り、住む人が自分自身でメンテナンスとDIYリノベーションができること。スペースを有効に利用すること。

床はラワン合板(ベニヤ板)を斜めはり、キッチンとテーブルもラワン合板でオーダーメイド。
天井は通常、床下地として使用するラワン合板はコストも安く、水性ウレタンを塗り重ねることで長く使うことができる。
壁は水性塗装仕上げ。ビニールクロスは施工価格が安いが、3回はりかえると、下地の石膏ボードも交換しなければいけない。
塗装仕上げなら自分で何度でも塗り替えが可能ですし、色を変えることも出来る。
寝室はベッドマットの広さで1メートル床を上げ、その下をクローゼットにする。ベッドヘは階段で上がり、その階段の途中を机にしました。
ベッドの上では立ち上がることは少ないはずなので、スペースを有効に使うにはいい方法です。

スケルトンは新築で安心、インフィルはリノベーションで自分らしく。
理想的な住まいを得るひとつの方法だと思います。海外では可能だが、日本ではできない。
ファッションのように、自分らしい住まいを求める人はますます増えるはず。
ディベロッパー各社の方へ。 スケルトン売りの新築マンションを私たち9と一緒に企画しませんか?

大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
大阪市住吉区Y邸
GO TO TOP